【競技者向け】減量しても体重が落ちない理由3選!!

スポンサーリンク
未分類
adsense

ペヘアオエ~!

筋肥大ブログ&筋トレあるある運営のSeion(セイオン)です!

今回は、【大会出場者向け!減量しても体重が落ちない理由3選!】をご紹介させていただきます!

【理由1】食事を記録していない

減量を成功させるために必須なのが、記録をつけることです。

なぜ記録することが良いのかを説明いたします。

減量中に食事記録を付ける理由は、自分の現状を「可視化」できることです。

自分の食生活を細かく洗い出すことによって、以下のようなメリットが得られます。

  1. 脂肪・体重が落ちない理由が見える
  2. 理由を可視化できるため修正が聞く
  3. 間食の甘え防止

結局、食べた”ご飯”は認識しているけれど、食べている”モノ”は認識できていないケースが多いので、【記録することで可視化し、認識する】ことが重要です。

 

【理由2】カロリー摂取量が少ない

減量期の目的は脂肪を落とすことですよね。

決して減量期に筋肉まで落としてはいけません。

コンテストに出る方でしたら、減量期にカロリーを制限しすぎてしまうと、筋肉が落ちて体が小さくなります。

人間は、低カロリーな食事を続けていると、脳が生命の危険を感じるのです。

すると、たとえ低カロリーで減量を頑張っていても、自分の脳が「生命を維持しなければ!基礎代謝を下げて生きろ!」と、痩せなくなります。

基礎代謝が下がってしまいますと、脂肪が減りにくくなります。

  • 食事を更に減らしますか?
  • それとももっと運動をしますか?

真面目な人は更に低カロリーな食事に変えてしまったり、有酸素運動を取り入れたりと、更に基礎代謝が下がってしまう行動に出てしまいがちです。

そうすると基礎代謝が下がって悪循環に陥ってしまいます。

こういう状態にならないために”チートデイ”を取り入れるのです!

【理由3】自分と相性の悪い食事を摂っている

アレルギー問題もありますが、アレルギーとは別で上手く消化が出来ず「乳製品を摂取した時にお腹を壊しやすい」「胃が持たれやすい」というような症状の方は、大会向けの減量をしている場合は控えましょう。

何故なら、消化吸収が上手くいかなくなる時がありますし、胃・腸が上手く活動しなくなる可能性があるからです。

上記のような状態で減量を続けてしまうと、体調が悪くなってしまいます。

体調が悪くなるならむしろ痩せるじゃん、と思いましたよね。

しかし、体調が悪くなると、人は”防衛モード”に入るのです。

その為、減量中は【体調が悪くならないで元気でいる事】が重要となります。

だから体にとって、自分と相性の良くない食べ物を摂取するのはやめましょう!

まとめ

今回は、減量が上手くいかない理由3選

①食事記録をすること

②適度にカロリーを摂取すること

③自分と相性のいい食材を摂取。

3つの原因についてお話しさせていただいた。

是非、参考にしてください。

 
タイトルとURLをコピーしました