【プロテインスナック】セイオンが実際に食べているオススメ5選

スポンサーリンク
【食事】の知識
adsense

ぺへアオエ〜!(ハワイ言葉で「お元気ですか?」)

インスタグラムで筋トレあるあるネタを毎日更新中のSeionです!

今回は、【セイオンオススメの高タンパク質スナック5選】についてご説明させていただきます。

 

トレーニーなのに…

一般人が食べるような普通のお菓子…

食べてないですよね…?

 

コンビニやネットで販売されているプロテインバーや、プロテインスナックなどでも、レビューしている人も多ければ、レビュー内容も違いますし、その人と自分の味覚が同じかも不明です。

更に、発売されている商品の選択肢が多過ぎて、結局どれを選べばよいのかを判断しづらいと思います。

今回は、私の好みの味をお伝えした上で、ご紹介したいと思います。

※もちろん栄養素の良い商品

それではご紹介します。

 

検証ポイント

  • 【検証① PFCバランス】
  • 【検証② 味/食感】
  • 【検証③ 追加のオススメ理由】
  • 【検証④ セイオンの食べ方】

 

【補足】

検証① PFCバランス

PFCとは、Protein(タンパク質)Fat(脂質) Carbo(炭水化物)の事です。

(P)たんぱく質 = 1gにつき4kcal

(F)脂質    = 1gにつき9kcal

(C)炭水化物  =1gにつき4kcal

基本的には、タンパク質が豊富で、脂質が少なく、炭水化物は少なめ〜普通ぐらいで摂取する事が理想です。

検証② 味/食感

お菓子のご紹介をする上で最も重要になる、Seionの市販のお菓子の好みをお伝えします。

【Seionの好み】

  • 好みの味 = しょっぱい
  • 好みの食感 =  サクサク
  • 好みのスナック =  ①じゃがりこサラダ味 ②固揚げポテト
  • 好みのチョコ = ①キットカット ②チョコ棒 ③トッポ ④ポッキー

※要は、甘い系よりも塩系が好きで、食感もねっとりよりもサクッと軽い食感のお菓子が好みです。

 

◆注意点

プロテインと謳う商品の中には、下記のような注意点があります。

【注意点】

  1. タンパク質含有量は多いが、脂質やカロリーも高い
  2. カロリーは低いが、タンパク質含有量が極めて低い

※上記のような商品は、あらかじめ除外します。

それでは、ご紹介します。

 

第5位

『大豆チップス スイートコーン』

【1袋あたりの栄養素】

  • 140kcal
  • (P)タンパク質 = 14.5g
  • (F)脂質            = 4.4g
  • (C)炭水化物    = 13.1g

【味/食感】

ザクザクとした食感で、少量でも十分な食べごたえがあります。

脂っこく無く薄味で通常のポテチと比べると、物足りない。

【ポイント】

  • 化学調味料や保存料や香料といった添加物を使わず、トランス脂肪酸ゼロ
  • お子様や、小麦、卵や乳アレルギーの方などにもおすすめ

【セイオンの食べ方】

味が薄味すぎて物足りないので、食卓塩ではなく『天然塩』をかけると美味しい。

>>トレーニーなら塩にこだわれ

◆ぬちまーす(天然塩)

 

第4位

『BNRG パワー クランチ プロテイン エナジーバー ワイルドベリークリーム 12本入り』

※チョコ味もオススメですが、現在長期品切れの為、2番目に美味しいベリー味

【1本あたりの栄養素】

  • 205kcal
  • (P)タンパク質 = 14g
  • (F)脂質            = 13g
  • (C)炭水化物    = 9g

【味】

コレまで「プロテインバー」を多く食べてきましたが、味と食感だと間違いなくナンバーワンの商品です。

ウエハースタイプなので、サクサクと食べられます。(ビックリマンチョコみたい)

【ポイント】

複数のプロテインを配合しているのですが、その中でも特に吸収の速い「ペプチド」を多く使用しております。

ウエハースなので、脂質の割合が低くはないですが、この味と食感でタンパク質を14gも摂取できるなら全然大丈夫です。

【セイオンの食べ方】

15時のおやつ

 

第3位

『SOY Concept ボタニカルプロテインバー カカオ味 12本入』

【1本あたりの栄養素】

  • 122kcal
  • (P)タンパク質 = 10.9g
  • (F)脂質            = 3.1g
  • (C)炭水化物    = 11g

【味】

大豆の自然な甘味を感じる味で、食感もカリカリとしているので、最後まで飽きずに食べられます。

【ポイント】

  • 血糖値を上げない仕組み(還元水飴や難消化性デキストリン使用)
  • コレステロールの吸収を抑えてくれるコメ油を使用

【セイオンの食べ方】

お腹にも残りにくいので、トレーニング前の小腹が空いた時に食べることが多いです。

 

第2位

『Quest Nutrition プロテインチップス BBQフレーバー 8袋セット』

【1袋あたりの栄養素】

  • 130kcal
  • (P)タンパク質 = 21g
  • (F)脂質            = 3.5g
  • (C)炭水化物    = 4g

【食感/味】

見た目と食感は、「オーザック」そのモノです。

味も、「本当にプロテインなのか?」「本当にこのPFCバランスなのか?」と疑いたくなるレベルで美味しいです。

【ポイント】

  • 揚げずに焼いている為、低脂質
  • ジャガイモを使用していない為、低炭水化物

【セイオンの食べ方】

夜食に映画や読書をしながら、グラスに氷を3つ入れたキンキンに冷えた「0コーラ」と一緒に食べています。

◆コカ・コーラZEROは缶で箱買い

 

第1位

『丸善 プロフィットささみプロテインバーレッドペッパー 130g×10袋』

【2本あたりの栄養素】

  • 140kcal
  • (P)タンパク質 = 22g
  • (F)脂質            = 1g
  • (C)炭水化物    = 4.9g

【味】

伊藤ハムの「ポールウィンナー」を思い出させる味で、お子様でも美味しく頂けると思います。レッドペッパーですが、辛さはありません。

【ポイント】

保存料や着色料などが使用されておらず、主なタンパク源が「鳥のささみ」です。

更に、コラーゲンが4,000mg摂れる点もオススメ理由です。

【セイオンの食べ方】

私は「モンスターエナジー」と一緒に食べることが多いです。

◆モンスターエナジーはコスパ重視で箱買い

『モンスターアブソリュートリーゼロ 355ml×24本』

『モンスターウルトラ缶 355ml×24本』

『モンスター パイプラインパンチ 355ml ×24本』

 

まとめ

まとめ前に、Seionからのオススメ記事です。

◆オススメ記事

オススメサプリメントサイト『iHerb』

ご紹介コード:ANC3592 (毎回5%off)

それではまとめに入ります。いかがでしたか?

 

【オススメランキング】

  1. 丸善 プロフィットささみプロテインバー
  2. Quest Nutrition プロテインチップス
  3. SOY Concept ボタニカルプロテインバー
  4. BNRG パワー クランチ プロテイン エナジーバー
  5. 大豆チップス スイートコーン

海外には優秀なプロテインスナックがかなり多く販売されております。

サプリメント業界で、最も進んでいるアメリカでは、国民の50%がサプリメントを摂取していると言われいるぐらい一般的ですので、発展も日本とは比べ物にならないぐらい先を進んでおります。

街には至る所にサプリメント専門店があるのは当たり前で、日本とは比較にならないほど、多くの種類が出回っております。

その中のスナックを本日はご紹介させていただきました。

是非、騙されたと思って一度お試しください。

タイトルとURLをコピーしました